ホームホワイトニングのデメリット

ここではホームホワイトニングのデメリットについてお話したいと思います。
先ず、仕上がりに関してですが、オフィスホワイトニングよりも時間がかかるという点があります。
ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングと違い、弱い薬剤を使いつつ時間をかけて白くしていきます。
そのため、その効果が表れるまでにどうしても時間を要します。
2週間程度でシェードガイドより1段階明るくなる見込みがあると言われています。
そして、白さの調整が難しいというデメリットもあります。
オフィスホワイトニングでは、歯医者さんが希望する白さに仕上げてくれますが、
ホームホワイトニングは自分で行うため、どんな仕上がりになるのか予想が出来ないという点があります。
最後に歯への影響です。
ホームホワイトニングでは、オフィスホワイトニングの薬剤よりも低濃度の低いものを使いますが、
やはり歯に与える影響は否めません。
過酸化尿素と言われる物質の濃度が10~20%であれば安全性は高いですが、歯の保護膜を溶かしてしまう作用は何れも同様です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です